Yellow Disc Preview

-Japanese Hip Hop Dictionary- Japanese Hip Hopの曲をメインに紹介するブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は昔話は置いといて




熱帯夜 feat.Kayzabro,MACCHO,BIG RON,SAY/V.A

BAY BLUES RECORDZからリリースされ、DOVE SHACK作の夏といえばコレという程定番中の定番ソングから曲名を捩った『SUMMER TIME IN THA D.S.C.』。
DS455を中心とした横浜と横須賀の面々が参加のミニアルバムに仕上がった本作の中でも唯一PVも作られた注目曲の熱帯夜。
トラックプロデュースのDJ PMXを含めお馴染みのメンツながら、今作もしっかり決め込まれた出来は安定度を感じずにはいられない作り。
Kayzabroの洒落た雰囲気はそのままに、BIG RONも比較的ドラマティックな旋律の上をゆったりと余裕たっぷりに歌い上げる風格を見せてくれるし、今回も声の重ね方が良い意味でズルい。
そしてMACCHOのスキルがあるからこそ成り立つ印象的な押韻を編みこんだフロウはトラックとの相性の良さも含めて抜群で、切なさがかすめるリリックも聴き所。直後に入り込むSAYの歌声がいつにも増して感傷的に聴こえてきます。
それぞれがそれぞれの仕事をこなした形の一つとして聴こえる一曲。
スポンサーサイト

だってもうしちゃった

肉体関係 part2 逆featuring クレージーケンバンド 肉体関係 part2 逆featuring クレージーケンバンド
Rhymester (2002/10/09)
KRE

この商品の詳細を見る


肉体関係 part 2 逆featuring CRAZY KEN BAND/RHYMESTER

東洋一のサウンドマシーンこと横山剣率いるクレイジーケンバンドのインストトラックにRHYMESTERがRapを乗せ完成した一曲。
バンドとのコラボレーションを中心に製作された『ウワサの伴奏~AND THE BAND PLAYED ON~』に収録され、最近では『MADE IN JAPAN-THE BEST OF RHYMESTER』にも収録され改めて耳にした人も多いはず。
クレイジーケンバンドの淫靡なトラックをMUMMY-D,宇多丸,DJ JINの淫らで艶やかな言葉が駆け巡る問題作に仕上がり、横山剣の歌&Rapも流石は自らの曲といった塩梅。
ベストのブックレットでRHYMESTERの面々が語っている通り、HIP HOP TRACKには少ない音が転調していくところなどかなりの美味しい料理っぷり。MCとしてそれぞれの魅力が引き立つ箇所で、個人的に一部に絶賛な怪しいhookよりも聴き所。
RHYMESTERとバンドサウンドの相性の良さを見せた初期の作品。
「日本全国ノ肉体関係者各位ニ告グ」

日本語ラップ共有BBSアワード

どうも、K.EGですが今更ながら集計結果をYDPでも掲載しようと思います。

ベストアルバム:
ポイント数 アルバム名 / アーティスト名
70 HEAT ISLAND / RHYMESTER
69 THE ALBUM / D.L
58 TRASH TALK / 韻踏合組合
48 花と雨 / SEEDA
31 プロローグ / KEN THE 390
27 Rhyme & Blues / OZROSAURUS
23 内部告発 / 般若
22 愛・自分博 / KREVA
20 The first / ULTRA NANIWATIC MC'S
18 THE ALBUM / SCARS
17 SWIM STANCE / COE-LA-CANTH
17 僕は評価されない音楽家/キリコ
15 新宿 STREET LIFE / MSC
14 Orange and Blue Invitation / Organ
14 少年モンスター / 環ROY
12 EPOCH" / RIP SLYME
11 PEOPLE CALLED EL NEETPIA / EL NINO
11 First Call/DJ NAPEY
10 UNIVERSAL TRUTH / MIC JACK PRODUCTION
9 furytalebs / Earmadder
9 THE NEW BEGINNING / ZEEBRA
7 ROB THE WORLD / ANARCHY
7 裏庭独走最前線 / TERRY THE AKI 06
6 SDPEP / SD JUNKSTA
6 Pan Con / N&P
6 FONKY&LOVE" / 韻シスト
6 Libra Record. -天秤録音- / V.A
6 No Hiphop No Life / ラッパ我リヤ
6 Bunks Marmalade / SWANKY SWIPE
6 TOKYO TRIBE2 / MURO
5 Demo / imaginion
5 S/T / WAQWADOM
5 POSTHUMOUS WORKS / AMIDA
5 TWIG / TWIGY
4 Frying Sound Track/TARO SOUL&KEN THE 390
4 LIVE GOES ON / SEAMO
4 Destroy All Monsters #6 / ABNORMAL BLUM@
4 WELCOME TO GHETTO / SHINGO★西成
4 29 Devotions / TYPE Lo a.k.a YOHEI
4 Stop Look Listen / Doberman Inc
4 NO MAN'S RELIGION / IMMIGRATE US
4 FAT MOUSIKE / CUBE
4 湾岸Seaweed / JUSWANNA
4 そんなあなたに / だるまさん
4 Con10po / スチャダラパー
4 Hell Me Tight / Rumi
4 E☆STAR / EAST UP LINE STARS
4 Beatniks / Samurai Troops
3 Soul Spits / TARO SOUL
3 Da FRONT and BACK / I-DeA
3 Enter The Funniest Temple / SINDBAD feat. タカツキ
3 STREET'S SLUGGER II / Mr.OMERI
3 とぐろ / DMR
3 Spinheddz / DJ BAKU
3 エネルギー革命 / Yoshipy Da Gama
3 CHANGE YOUR WORLD / DARTHREIDER
2 わすれもの / Siphon code
2 A PRIDE AND FEAR /MACKA-CHIN
2 To Myself / DS455
2 だからどうした / By Phar The Dopest
2 EYE OPENER / HEAD BANGERZ
2 One:Flow,Rhyme,Beats&Life/HAB I SCREAM
1 孤立無援の花 / Jazzy Blaze
1 三日間 / EI-ONE & はなび
1 CASANOVA/AKIRA
1 THE BANGSTA / Q
1 続投!真田人 / 真田人
1 走馬党 / 走馬党
1 Overap Mixed By DJ KAZZ-K / DJ KAZZ-K
1 HIGH GRADE CONTENTS vol.1 / LUCK-END CREW
1 SOUTH OSAKA SQUAD / SOUTH OSAKA SQUAD
1 Killerbong / tokyo dub
1 G In Rhymes / HOKT
1 Senbe-buton / Deji
1 DAY BEFORE BLUE / COMA-CHI


みなさん思うことがあると思いますが私的には2006年は豊作の年であると思います。
それはやはり新たなる人材が表舞台に踊り出るかのようにリリースをし新たに聴き手を惹きつける現象。そしていわるゆるベテラン、キャリアのあるアーティストが高い水準の作品を発表することの、両極ともが伴った年であったなという印象でした。

そして今回、akaimeさん発案で行われたこのランキング。
これを見て興味が出てきた作品があれば今からでも聞いてみるのも良いだろうし、2006年を振り返りやすく、自分の好きな作品・嫌いな作品がどんな評価や順位をつけているかなんていうのも面白みの一つとしてあると思うので十分意義があったのではないかと思いました。面白かったです。



※この場を借りてakaimeさん、ヨウヘイさん、果汁グミさん、お疲れ様です。
そして参加者の皆さん、おかげで面白い結果を見せてもらいました。お疲れ様です。

※Organの高評価に驚き。ZZの躍進の予感。

※個人的に歪Rさんのランキングも見たかった・・・。

※KREVAのオリコン一位は意義ある結果であると思います。凄い快挙。

※RHYMESTERの今年の動向は注目。

 | HOME | 

プロフィール

K.EG

Author:K.EG
-What's K.EG-
主にJapanese Hip Hopを中心とした音楽が兎に角好きな男。
そして自然な流れで生まれながらにして持ち合わせていた収集癖が大好きな音楽の方向に向いてしまったために、収入の?0%以上を占めるレコードやCDに囲まれる生活を送る。

-ざっくり遍歴-
『Four Leaf Clover Review』→『F.L.C.Review』→『Spendable Time』→『Yellow Disc Preview』
と2004年上半期より様々な形でJapanese Hip Hopを紹介。

-ブログの内容・注意-
K.EGの部屋に埋もれるレコードやCDの中から過去のクラシックから新譜までを紹介するブログ。
基本的に自己満、独断、偏見、趣味によって徒然なるままに書きなぐっていく予定。

-------------------------------
※声のコスリネタ+声ネタが一体誰の何という曲から使われているのかを思い出したら書くスタンスのVoice Sampling Sourceも更新中。
-------------------------------
最新更新 9/7
いろいろ
-------------------------------

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。